「旅音-tabioto-Project」

美しき日本の風景を描く音楽抒情詩

日本中を旅しながら風景・文化をテーマに作曲するProject   和洋折衷リアル日本の美しい風景と伝統的な日本の文化や芸術作品などをテーマに、日本各地で作曲した楽曲たちを世界に向けて発信している 和モダンな音楽を洋楽器で演奏する

旅音-tabioto-ProjectについてQ&A

 (※クリックすると答えが開きます。)

旅音-tabioto-Projectとしては2016年からスタートしていますが、
同じテーマの曲作りとしては2011年から始めています。
2011〜2016年までの5年間はただ色々な方に誘われるがままに、
旅をしながら各地で曲を作っていました。
ということで、2011〜2016年は下準備期間、
2016年〜が本格始動という位置付けにしています。

今までに旅音-tabioto-Projectで作曲した数としては約100曲くらいです。
まだアレンジが終わっていない曲が多いですがネタは豊富にあります。
音源作品としては公開録音で録音したものしかないので、
今後は自宅で一人で制作した音源を順次アップしていく予定です。

2011年、旅の途中に訪れた岡山県湯郷の老舗温泉旅館さんの若旦那に
お土産用のCD制作を依頼されたのが直接のきっかけでした。
制作の過程で場所や風景・文化的なもののイメージで曲を作る場合、
自然にメロディーが降りて来る感じですぐに曲ができることに気付き、
これは自分に合っているのだなと思いました。
今思えば、あれがきっかけだったのかなと思います。

自分が生まれ育った美しいこの国の風景や文化を音楽として残したい、
ただただ、その気持ちが一番強いと思います。
その土地や文化が持つエネルギーを感じながら音楽を作る。
その先に何があるかは自分でもまだ分かりません。

ご縁のあった場所に鍵盤ハーモニカやキーボードを持って行き、
場所や文化の持つエネルギーを感じながらその場で曲を作ります。
実は今までの旅音の楽曲のほとんどが「この場所で曲を作って欲しい」と、
誰かから頼まれて作曲させて頂いたものです。

自分が子供の頃から慣れ親しんだ楽器ということもありますが、
日本独自の民族的な楽器よりも世界中で一番普及しているであろう
洋楽器でアレンジすることによって、より多くの方達に実際に
楽曲を演奏して頂きたいという気持ちがあります。

基本的に和楽器は使わず洋楽器のみで楽曲アレンジを行っています。
和楽器・和旋律を使って日本っぽい曲を作れば分かりやすいと思いますが、
洋楽器で日本の心をどこまで表現出来るかの挑戦でもあります。
別企画の「神楽坂Style」では篠笛・ピアノ・打楽器という編成でやっていますので、
和楽器好きの方は是非ともそちらもチェックしてみてください。

作曲のご依頼について。

まずはメールにてご依頼いただく場所や内容・日程などをお送りください。
数日中には必ずこちらから改めてご連絡させて頂きます。
mail@sarugaku.info   MAILはコチラから


必要となる費用について。

作曲・制作などにかかる費用につきましては、趣旨・目的・場所・時間など、
様々な要因が絡んできますので一律の料金とはなっておりません。
まずは、ヒアリングをさせて頂きながらお互いのイメージや認識を確認の上、
双方が納得できる金額を設定させて頂いております。
まずは、下記メールアドレスよりお気軽にお問い合わせください。
mail@sarugaku.info   MAILはコチラから


ご依頼前に必ずこちらもご確認ください。

<制作・音源使用に関する注意事項>
↑クリックしてご確認ください。


2017年に神楽坂TheGLEEにて公開録音で制作したライブ音源
「刀-katana-」「雅-miyabi-」「流-nagare」の視聴動画です↓

AppleMusicでのご購入はココをクリックしてStoreページよりお願いいたします♪
 



日 時:2019年11月8日(金) 18時~20時
場 所:備前国総社宮
   (岡山市中区祇園596)
主 催:刀剣鍛錬奉納実行委員会
来 賓:武久顕也 瀬戸内市長
立会料:無料
問合先:086-275-7055 (社務所)
詳細:https://tanrenhounou.jimdosite.com/


奉納者:刀匠 川島一城
刀匠 満足弘次、刀匠 上山輝平
猿楽(ピアノ)、仲林利恵(篠笛)
 
内 容
18時00分~ 市長と川島氏との対談
18時30分~ ピアノと篠笛による演奏
19時00分~ 刀剣鍛錬奉納式
20時00分  閉式

備前長船の刀匠 川島一城氏が、備前国総社宮で刀剣鍛錬の技術奉納をいたします。

拝殿前で吹子(ふいご)を吹き、熱した鋼を二人の向槌奉仕者と共に叩く古式鍛錬法を大神様に披露します。
そこにピアノと篠笛が加わり、かつてない荘厳で幻想的な神事となります。

皆さまには「立会人」として一緒に見届けていただけたら幸いです。
 
<<注意事項>>
・少雨決行、荒天中止(強風含む)。前日のお古12時に決定致します。
・駐車場は約60台停められますが、混雑が予想されます。乗り合わせや、公共交通機関をご利用ください。
・椅子のご用意は数に限りがございますので、譲り合ってご利用ください。
・御手洗は1か所しかございません。ご了承ください。

——————————————————
【 刀匠 川島一城 】
高知県安芸市出身。1970年 鍛工十四代川島正秀の長男に生誕。1989年 岐阜県関市で中田正直師に師事。1995年 吉原國家刀匠に師事(備前伝)。
2003年 長船町に鍛錬場を設立。備前伝一文字、華麗な重花丁子を追求。
【 備前国総社宮 】
備前国の総社で、創建年代は平安時代後期と推定されています。
備前国内(北は赤磐郡吉井町、東は和気郡・邑久郡、南は玉野市・小豆島、西は岡山市一宮)128神社のご祭神が合祀されており、そのことから当宮へお参りすると一度に128の神社にお参りしたことと同じといわれております。
春祭りでは全国各地から神輿の担ぎ手が集まるほどの賑わいをみせ、近年では 日本で有数のパワースポットとして雑誌等で紹介されています。


日 程:2019年11月17日(日)
時 間:17時半~/19時〜(各45min)
場 所:県立幕張海浜公園
   (千葉県千葉市ひび野2-116)
観覧料:無料(入園料として/大人100-・小中高生50-)
問合先:043-296-0126(パークセンター)
 
猿楽(ピアノ)、所花名(Cello)
 
-演奏内容-

美しき日本の風景をテーマにしたオリジナル楽曲、かぐや姫をテーマとしたオリジナル組曲 など


【 所花名/TokoroHaruna】
2008年武蔵野音楽大学卒業、同大学卒業演奏会出演2010年同大学院修了
 06・08年、武蔵野音楽大学「学生による室内楽の夕べ」出演08・09年、サントリーホール主催「レインボウ21」出演第9回万里の長城杯国際音楽コンクール 奨励賞第23回練馬区新人演奏会 優秀賞 東京ニューシティ管弦楽団と共演その他にもソロ、室内楽において受賞歴多数。
参加オーケストラにおいて皇后陛下の御前で演奏。現在はイベント、パーティー、レストランなど様々なシーンで演奏活動を行い、その内容はクラシックに留まらずジャンルの垣根を超え多方面で活動中。
これまでにチェロを山田千代子・山崎みのり・向山佳絵子に、室内楽をS.ナジ・C.ドル・花崎薫・K.グントナー・矢島佳子・向山佳絵子・市坪俊彦・清水醍輝の各氏に師事。


<刀-katana-の作曲風景>

2011/1/15(sun)備前長船の刀工「川島一城」さんの鍛刀場にて、猿楽オリジナル曲「刀-katana-」の作曲風景。
※撮影は川島さんの息子さん。
 

旅音楽団公開録音メンバー紹介

〜薄井信介/チェロ〜

兵庫県出身。東京音楽大学卒業。第74回読売新人演奏会出演。桐朋オーケストラアカデミー研修課程修了。元ベルリンフィルチェロ奏者のワインスハイマー氏とチェロアンサンブルで共演。2011年カンヌ国際映画祭招待作品、河瀬直美監督「朱花の月」の主題及び挿入音楽でチェロ独奏を行う。2006年~2013年まで東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に在籍。現在はソロや室内楽を中心に様々なジャンルで演奏。他にもシンガーソングライターとして歌とチェロによるソロアルバム「ひとつの絵のような」をリリース。ピアニストの猿楽氏と二組で関西ツアーを行う。チェロを菅野博文、松波恵子、岩崎洸の各氏に師事。


〜髙木聡/ヴァイオリン〜
東京藝術大学音楽学部卒業。これまでにヴァイオリンを小沢真琴、岡山潔、和波孝禧、塚原るり子の各氏に、室内楽を小林道夫、金昌国の各氏に師事。1999年TheInternationalHollandMusicSessionsに参加、修了。E.Schmieder、V.Zhukの各氏に師事。
藝大バッハカンタータクラブにて小林道夫氏のもとで研鑽を積む。第九回全日本ソリストコンテストにてベストソリスト賞受賞。東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団を経て、現在はソロ、室内楽、オーケストラの他、バロックヴァイオリン奏者としても活躍中。東京室内管弦楽団首席ヴァイオリン奏者。東京バッハ・カンタータ・アンサンブルメンバー。映画「マエストロ!」に出演。


〜佐藤友美/フルート〜
北海道深川市出身。東京音楽大学卒業、同大学院修了。2010年サイトウキネンフェスティバル「青少年のためのオペラ」参加。第9回ルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門第1位、併せて日本ルーマニア音楽協会理事会賞受賞。第27回日本木管コンクール第3位。2017年2月 日本演奏連盟主催新進演奏家育成プロジェクト「オーケストラ・シリーズ」にて円光寺雅彦指揮、札幌交響楽団とライネッケのフルート協奏曲を協演。フルートを阿部博光、細川順三、岩佐和弘、
工藤重典の各氏に師事。ミヤザワフルートフルート教室講師。朝霞フルートクラブ講師。「朝やけゼクテット」メンバー。洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団正団員。ソロ、室内楽、オーケストラに客演の他、幅広く演奏活動をしている。


〜滝本沙代/ヴィオラ〜
東京音楽大学卒業、同大学大学院修了。在学中に特待生奨学金を得る、また定期室内楽演奏会のソリストに選ばれ2002年モーツァルトの協奏交響曲を久保陽子氏と、2004年バッハのブランデンブルグ協奏曲第6番を兎束俊之氏と共演。2006年度札幌新人音楽会に出演 併せて奨励賞を受賞。フランス ラヴェルアカデミーに参加B.パスキエ氏に師事。2008、2009年パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)に参加。2010年第153回日演連推薦 新人演奏会にて、高関健指揮、札幌交響楽団と共演。ヴァイオリンを内田輝、ヴィオラを兎束俊之、百武由紀の各氏に師事。 現在オーケストラや室内楽、レコーディング等を中心に活動。


〜安東友樹子/パーカッション〜

国立音楽大学を卒業。同大学上級アドヴァンスト・ソリストコース修了。小澤征爾音楽塾オーディションに合格しティンパニ・打楽器奏者としてサイトウキネンフェスティバル松本やオペラ・プロジェクトⅩⅢツアーに参加。2015年にはサイトウキネンオーケストラメンバーとしてフェスティバルに参加。打楽器アンサンブルグループ「フォニックス・レフレクション」に所属。クロアチアにおける打楽器フェスでの演奏や、西村朗氏作曲の室内楽オペラ『バガヴァッド・ギーター』の初演及びNHKでのテレビ収録に参加。同グループのCDレコーディングにも携わる。オーケストラ〜ポップスと幅広く活動している。現在、桐朋オーケストラ・アカデミーに在籍中。


お問い合わせは下記メールよりお願いします。
MAILはコチラから

 

CD好評発売中!!


【刀-katana-】
M1-後楽園-korakuen-
M2-紅葉-momiji-
M3-刀-katana-
M4-戦-ikusa-

【雅-miyabi-】
M1-舞-mai-
M2-雅-miyabi-
M3-月-tsuki-
M4-楓-kaede-

【流-nagare-】
M1-流-nagare-
M2-昼下がり-hirusagari-
M3-輪舞曲-rondo-
M4-Dot Cafe

※クリックするとCD販売ページへリンクします。